HOME NEWS ARCHIVE ABOUT CONTACT SHOP

 

 

劇作家:品田裕介、毎日記す。
演劇ユニット UMBRELLA 公式Web Site | http://umb2011.com

 

NEWS

20170425

圧倒的に足りていないものというのがあってさ。じぶ

ん自身に足りていなかったり、会社だったり学校だっ

たりの組織に足りていないものもある。家族の誰かや

ともだちや恋人に足りていないものだってある。

世界とか、民衆とか、国みたいに、どデカイものの中

にもあるだろうし、私道の隅や一枚の窓ガラスのよう

にとっても小さなところにもありそうだ。

どこかに、それはそれは圧倒的に足りていないものが

あるんだよ。そのことに僕らは、ちゃんと気がついて

いるんだ。

 

ゆっくりと少しずつ、でも確かに、前進している。

刻一刻と乱れることなく歩み続ける秒針みたいにね、

小さな歩幅で、確かに進んでいるものというのがあっ

てさ。これは、何度も何度も体感していることだ。

僕たちはそれを、瞬く間に忘れてしまう。

 

僕らは、生きなければならない。「生きていく」とい

う選択をし続けなければならないのだ。これはじぶん

が決めることではなく、そうしなさい、そうしなけれ

ばいけませんと有無を言わさず命令されているんです

ね。圧倒的に足りていない僕たちは、少しずつではあ

るけれどその選択の中で前進している。

 

はずなのだけど。

 

あまりにも歩幅が狭くてちっとも進んでいないときも

それなりにたくさんあってさ。そういうとき、変わら

ない景色に焦ったりもするんだ。やべえ、進んでねぇ

ぞって。その焦りを感じた瞬間にまた一歩進めている

ということにも、気がつけないままで。

 

歌いたい歌がある。僕たちに足りていないのは、歌い

たい歌だ。欠けているものを埋めるのは、歌を歌うよ

うなことだよ。

SHINADA-NO-SHIRUSHI
2014.10.5 特別公演『ブリックの住む森』DVD販売開始 2015.2.13 第5回本公演『皿の上の林檎』公演決定! 2015.05.01 Web Shopをリニューアルしました 2016.06.10 第6回本公演決定!

© 2013-2016 UMBRELLA. All Rights Reserved.